【メイウェザーVSマクレガー結果】勝敗の行方は?

2017年8月27日ラスベガスで行われた
メイウェザーとマクレガーの結果など
書いていきます。

ネタばれになると思うので
試合楽しみたい人はブラウザバックを
オススメするぞ!!

結果から書きます.
メイウェザーが10R TKO勝ちで勝利しました。

試合内容を1R事に
記載していきますよ!

1R
⇒マクレガーの手数が多くメイウェザーは
ガードを高く上げてタイミングをとる展開
カウンターでマクレガーがアッパーを
繰り出すと有効打ではないがヒットした

2R
⇒マクレガーの回転良く
メイウェザーの打ち終わりを狙うが
上手くさばかれる。

メイウェザーも手数が多くなり
右ストレート主体で応戦するが
当たらない

3R
⇒マクレガーは体格の大きさを
利用して圧力をかけて攻撃する
ボディ攻撃も多様して
反則気味に後頭部を叩く場面が多く映る。
クリンチ際にね

メイウェザーは体調悪いのか
いつものスピードがない。
後半戦に温存してる感じが垣間見える
手数は圧倒的に少ない

4R
⇒マクレガーがペースを上げると
いきなり連打する。左のカウンターが
ヒットするがあまり効いてない
肩で息するようになりスタミナ切れか?

メイウェザーはプレッシャーを
かけながらボディ攻撃に移行。
スタミナ切れを狙う作戦に出る

5R
⇒マクレガーのジャブが当たるが
クリンチに逃げる場面が増えた。
動きが明らかに遅くなり
足が止まってきた

メイウェザーはボディ攻撃を続ける。
相手の攻撃を避けながら上下に打ち分けて
マクレガーを圧倒する。良いボディブローが入った。

6R
⇒マクレガーが粗ぶり後頭部を
連打する。疲れが出てきたか
メイウェザーの攻撃を避けきれない
場面が多くなる。

メイウェザーはパンチをまとめてきて
手数が多くなる。クリーンヒットも増え
ギアを上げてきた印象だ

7R
⇒マクレガーは手数多くするが
メイウェザーの攻撃を受けるようになってきた。
明らかにスタミナ切れが目立つラウンド

メイウェザーはスタミナ切れ確認すると
積極的にパンチを打っていた。
相手も避けきれずストレートが当たる様に
なってきたし主導権を握る展開。
前半と状況が真逆になっていった

8R
⇒マクレガーの手数が戻ると
良いボディも当てていた。
クリンチも多くなり後頭部を
再度狙うようになっていく

メイウェザーは冷静で
相手を見ながら連打する。
細かくクリーンヒットを
稼いでいった。自慢の
ディフェンス力が影を潜め
細かいパンチをもらうようになる

9R
⇒マクレガーが反則気味に
ローブローを狙うと一気に
押し込んだ。
相手のパンチが防げず
連打をもらうようになる

メイウェザーがここで勝負に行く。
パンチを顔面にまとめると
強いパンチを連打する。
マクレガーは効いてしまい
クリンチが精一杯だ

10R
⇒立つのがやっとで
マクレガーがクリンチに行くしかない状況。
パンチも打てず
ただもらうようになり
TKOでメイウェザーが勝ちました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする