【タニノフランケル】超良血馬GⅠ17勝の子供は走るのか?

2017年8月12日新潟5R12:30にデビューする
良血馬タニノフランケルについて書いていく。

【タニノフランケル血統など】

Frankel
ウオッカ
馬主 谷水雄三
生産者 Yuzo Tanimizu
名前の由来 冠名+父名

父Frankelはフランスで14戦14勝と
怪物で有名である。

GⅠタイトルは10勝と
パーフェクトな戦績で日本に
繁殖してきている。

その代表例がソウルスターリングと
ミスエルテだ!

ソウルスターリングは今年
クラシックで大活躍した馬である

オークスと阪神ジュベナイルフィリーズと
現時点でGⅠ2勝と父フランケルの血統は
日本でも通用した事を証明してくれたとも
言える。

その最高傑作になりかねないのが
タニノフランケルなのだ。

タニノフランケルの
母ウオッカも怪物であり日本でGⅠ7勝と
2006年~2010年に活躍した馬である。

G1タイトル合計で17勝と
ここまでの良血馬は見たことないなw

タニノフランケルの追い切りはどれぐらい
走ったのか確認してみようか

「タニノフランケル追い切り」

7/23 栗坂4F56.8~1F13.0 馬也
7/25 栗坂4F63.3~1F14.4 馬也
7/26 栗坂4F54.0~1F12.6 一杯
7/30 栗坂4F56.5~1F12.1 馬也
8/2 CW5F68.0~1F11.8 強め
8/6 栗坂4F55.6~1F11.9 馬也
8/9 CW5F71.0~1F13.8 馬也

凄そうかなと期待して見ると
意外と平凡の時計ですね。

期待されてる馬って
新馬戦の直前追い切りとか
かなり凄い時計出してくるので
残念です。

ただ競馬は走って見ないとわからないので
どんなレースするか楽しみですね!!