【有馬記念2017】最終追い切り ミッキークイーンが1番時計良かった

2017年12月24日中山競馬場で行われる
有馬記念の最終追い切りなど書いていきますよ

芝2500m発走時刻は
15:25なのでお間違いなく。

【有馬記念2017最終調教】

1ヤマカツエース
→CW6F83.2~1F11.9 馬なり B

単走で仕上げてきたヤマカツエース。
追い切りはいつも走るので
いつも通りと判断したい。

2キタサンブラック
→CW6F86.1~1F12.6 馬なり C

ピップレボルシオンと
併走する形で追い切りを消化。

時計は目立たないが
しっかり伸びていました。
ラスト追ってからの
伸びは優秀で好仕上がりは
間違いなし!!




3クイーンズリング
→CW6F84.1~1F12.1 馬なり C

3頭併走する
形で調教を消化。

折り合いを欠いた部分が
目立ったが抜かせないところは見事だったよ。

4ブレスジャーニー
→6F81.7~1F12.4 馬なり B

5トーセンビクトリ
→栗坂4F53.4~1F12.6 馬なり C

レトロロックと
併走する追い切り。

平凡な時計だが
力量的に足りないので
参考にしなくてもいいぞw

6サトノクロニクル
→CW4F52.9~1F11.6 馬なり A

サトノケンシロウと
併走する形で行われた。

コーナから馬なりで
反応良すぎてしまい
一気に併走した馬を置き去りにする。
最高のデキだと思いました

7シャケトラ
→栗坂4F59.5~1F13.6 馬なり D

単走で馬なり消化する。
時計が全然出てないし
見所ないね。
Dランクです。

8レインボーライン
→栗坂4F60.5~1F12.9 馬なり C

糞調教ww
軽めだったが良い所ない。

9サクラアンプルール
→栗坂4F53.3~1F13.0 馬なり C

サンクゥトスレーンと
併せて追い切り消化。

馬なりだったが
案外時計詰められてない
印象。

一週前追い切りでは
好時計を出していたので
気にしなくていい

10シュヴァルグラン
→栗坂4F54.0~1F12.9  強め C

ハイドロフォイルと
併走する追い切り。

先に行かせて追走する
形だったが仕掛けると
一気に抜ける調教は素晴らしいね。
コンディション高いと思う。

11ルージュバック
→南W5F68.0~1F12.6 馬なり B

3頭と併走する追い切り。
内で追うと反応良く
一瞬で前に行くのは好感触。
牡馬相手に戦えるか?




12サトノクラウン
→美P5F65.4~1F11.9 馬なり C

キャンベルジュニアと
併走する調教。

頭高く折り合い欠いた
調教であった。

最低限の仕上がりだと思う

13ミッキークイーン
→4F52.5~1F11.9 馬なり AA

スプマンテと併走する形。

馬なりで消化したが
時計も優秀で上積みも十分ありそう。
有馬記念を狙って仕上げてきたのも
印象良く追い切りだけは1番良かったよ。
馬券内あるかも・・・

14スワーヴリチャード
→CW6F80.3~1F12.4 馬なり A

ウォーターレスターと
併走する調教。

馬なりであっという間に
抜かすところはさすが。

ポテンシャルは高いし
メイチ仕上げに好感もてる

15カレンミロティック
→栗坂4F52.7~1F13.1 一杯 C

単走で調教を消化した。
一杯に追ったがふらつく
場面もあり時計が詰まらない。
長距離は歓迎なのだが
厳しいし要らないよ

16サウンズオブアース
→CW6F80.7~1F12.3 一杯 B

単走で一杯に追った調教。
ムチを入れて好時計をマーク。
最近のレースからは買えないが
仕上がり良好と見ます。




「有馬記念2017評価」

ミッキークイーンAA
スワーヴリチャード
サトノクロニクル