【フェブラリーステークス2018予想オッズ】出走予定や有力馬など紹介する

2018年2月18日東京競馬場で行われる
フェブラリーステークスの予想オッズなど書いていきますよ。

ダ1600m発走時刻は
15:40なのでお間違いなく

【フェブラリーステークス2018想定オッズや登録馬】

馬名 予想オッズ
アウォーディー 22.1
アスカノロマン 298
インカンテーション 36.7
カフジテイク 34.2
キングズガード 136
ケイティブレイブ 14.4
コスモカナディアン 431
コパノチャーリー 1157
ゴールドドリーム 2.1
サイタスリーレッド 702
サウンドトゥルー 31.1
サンライズノヴァ 8.5
テイエムジンソク 2.5
ニシケンモノノフ 147
ノボバカラ 1721
ノンコノユメ 7.2
ヒデノインペリアル 808
ベストウォーリア 46.5
メイショスミトモ 356
モルトベーネ 404
モンドクラッセ 1897
ララベル 256
レッツゴードンキ 43.1
ロンドンタウン 98.2

テイエムジンソクとゴールドドリームの
一騎打ちムードなフェブラリーステークス。
穴馬も実績ある馬が多いので
すごく差があるとは思えない。

有力馬など
紹介していくぞ

「フェブラリーステークス2018有力馬」

テイエムジンソク 牡6

馬名 テイエムジンソク
クロフネ
マイディスカバリー
馬主 竹園正織
調教師 木原一良
生産者 日高テイエム牧場
脚質 逃げ~先行
適性距離 1600m~1800m
適性馬場 良◎ 稍◎ 重◎ 不◎
得意コース 中京 京都 阪神
得意コーナー 左回り◎ 右回り◎
重賞成績 東海s みやこs

競馬が上手く逃げ、先行もできるので
ダート馬としてはかなり優秀である。
スタミナ豊富でスピード能力も1級品。

初G1制覇は目の前で今回の
フェブラリーステークスでは有力候補である。
前走の東海ステークスでは余力を残しながら
圧倒したのは衝撃であった。

展開も向きそうで楽に生かせたら
粘れる状況は整ったように見えるが
東京1600mは差しが届く条件。
そこだけが不安である・・・

ゴールドドリーム 牡6

馬名 ゴールドドリーム
ゴールドアリュール
モンヴェール
馬主 吉田勝己
調教師 平田修
生産者 ノーザンファーム
脚質 差し
適性距離 1600m~1800m
適性馬場 良◎ 稍? 重◎ 不?
得意コース 中京、東京
得意コーナー 左回り◎ 右回り〇
重賞成績 フェブラリーs

G1タイトル2勝しているゴールドドリーム。
差し脚強烈でハマったら手がつけられない。
チャンピオンズカップでは上がり3ハロン35秒台と
持ち味を最大限に発揮できた舞台だった。

フェブラリーステークスは
得意の東京1600m
絶好のチャンスだと認識していいぞ。
大崩れも考えにくいので外すのは危険である。
ムーア騎手も乗りなれてる事から
連勝も意識しなければならない!!

ノンコノユメ セ6

馬名 ノンコノユメ
トワイニング
ノンコ
馬主 山田和正
調教師 加藤征弘
生産者 社台ファーム
脚質 差し
適性距離 1600m~1800m
適性馬場 良〇 稍〇 重◎ 不◎
得意コース 中京、東京
得意コーナー 左回り◎ 右回り◎
重賞成績 ジャパンダートダービー

セン馬にしてから崩れたノンコノユメ。
前走久しぶりの勝利をし完全復活の兆しもあり
人気になりそうだな。しかもレコードのオマケつきと縁起が良いね。

ただ前走はG3だったので
G1で通用するか?と聞かれれば
クエスチョンマークだね

ダートの場合G1になると
一気に強くなるので凡走も頭に入れといた方がいいよ。
オッズも7倍ぐらいかもしれないので
買う方からすると美味しくないW
1番の危険馬だと判断しています

サンライズノヴァ 牡4

馬名 サンライズノヴァ
ゴールドアリュール
ブライトサファイア
馬主 松岡隆雄
調教師 音無秀孝
生産者 ヤナガワ牧場
脚質 差し~追い
適性距離 1400m~1600m
適性馬場 良◎ 稍〇 重◎ 不◎
得意コース 東京 京都 中山
得意コーナー 左回り◎ 右回り◎
重賞成績 ユニコーンs

追い込みが得意なタイプで
脚を溜めて直線弾けるスタイル。

1400mでは34秒台使えるので
G3レベルなら勝ち負けまで持っていけるポテンシャルはあるよ。
だんだん競馬も上手くなってきてるので
侮れないがG1クラスだと話は別だ。

やはりもうワンパンチ足りない印象で
オッズもシングルと回収率意識するなら
外して買うか、3着固定で狙い打ちするかを
オススメするぞww

この馬重馬場の方が得意そうなので
雨降ったら強気でいいかもね?・・・

後で追い切りや予想なども
上げてきますので参考にしてくれたら
嬉しいです。

お疲れ様です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする