【金鯱賞2018】予想や追い切り 本命はスワーヴリチャード

2018年3月11日中京競馬場で行われる
金鯱賞の追い切りや予想など書いていくぞ。

芝2000m発走時刻は
15:25なのでお間違いなく

【金鯱賞2018の印】

◎スワーヴリチャード
〇サトノダイヤモンド
人気ブログランキング15位

◎スワーヴリチャード

有馬記念では激しいレースになったが
結果4着と強い内容ではあった。
右回りの小回りは苦手分野だと想定するなら
成長力は計り知れないだろう。

今回中京と得意の左回りならば
馬券圏内濃厚だと思うし
相手はサトノダイヤモンドだけ。
大阪杯に向けて弾みをつけたい
レースなだけに負けられない勝負になりそうだ。
複勝はかなり堅いと思っていいぞ

〇サトノダイヤモンド

フランス遠征は
失敗と言ってもいいほど
結果は出せなかった。
のどの調子が悪いのか
馬場が合わなかったのかと噂されてるね。

これまでの日本レースでは
古馬のG1レベルでも通用する
実績を挙げてるだけに能力は高いのは証明済み。
ただ前日のオッズ見ると2番人気なのは
ファンも本調子じゃないと懸念しているだけに
飛ぶとしたらここだろうな。

伏兵も弱いので
仕方なく対抗にするぞ

☆人気ブログランキング15位

中京2000mの適性だけ
見れば買いたい一頭である。

相手2頭は強敵だが
馬券内にヌルッときそうなのは
この馬しかいないかな。

1着はないと思います

【金鯱賞2018展開】

サトノノブレスが
ハナを切る展開になりそうだ。

先行馬はサトノダイヤモンド、
スワーヴリチャードも先団で競馬してくるはず

差し馬はメートルダール、ダッシングブレイズ
デニムアンドルビーなどが好位につける

極端な追い込みはいません

【金鯱賞2018最終追い切り】

1ヤマカツエース
→CW6F81.2~1F12.2 一杯 A

単走で調教を開始したが
直線に入るとスパッと切れる脚はお見事。
仕上がり具合は文句なしです

2メートルダール
→南W5F68.0~1F13.0 強め B

アンヴェイルドと併入する。
相手は一杯に追ってる中
強めに馬を押すと一瞬で突き放す好内容。
まるで子供扱いをしている結果となった。
時計以上に良かった追い切りでした

3ブレスジャーニー
→CW6F81.2~1F12.4 一杯 C

クリデュクールと併せて調教。
お互い一杯での追い切りだが
格上のブレスジャーニーは抜かせず
先着したのは評価したいが
もう少し突き放してほしかったね。

4サトノノブレス
→CW4F54.4~1F11.7 馬なり C

カフェブリッツと軽めな調教。
コンディションを整えるために
散歩みたいな調教だったなw。
まあ仕上がり良いと思いますよw

5サトノダイヤモンド
→CW6F84.2~1F11.7 馬なり A

カフェブリッツと併入。
お互い仕掛け重視で
直線に反応の違いを見せる
サトノダイヤモンド。

一週前とは
大分良くなった印象は
伺えたので走れる状態にはあると思います

6ダッシングブレイズ
→CW6F84.0~1F11.8 強め B

ヴァフラームと併入。
強めに追ったダッシングブレイズは
反応良く伸びていたのは
好評価だね。
走れる体制は整ってるよ

7デニムアンドルビー
→CW6F80.9~1F12.4 馬なり B

シャドウダンサーと
ビービーデフィと併入。

間に挟まれて調教を行ったが
他の馬より反応鋭くクビ差
先着だった。

8アクションスター
→栗坂4F53.0~1F13.3 馬なり C

ダノンマジェスティと
併入する。

0.3秒先着するが
時計は平凡だし能力は足りないだろう。
厳しい戦いになる

9スワーヴリチャード
→6F84.3~1F12.7 馬なり B

完全に軽めの調教。
単走でリズム良く
走ってるのを見ていると
万全なコンディションをうかがえる。
一週前にはCW6F78.5~1F11.7A
破格のタイムを出しており軽めの負荷を
選択したのだろう!!
問題なし

最終追い切りまとめ

ヤマカツエース CW 6F81.2 1F12.2
メートルダール 南W 5F68.0 1F13.0
ブレスジャーニー CW 6F81.2 1F12.4
サトノノブレス CW 4F54.4 1F11.7
サトノダイヤモンド CW 6F84.2 1F11.7
ダッシングブレイズ CW 6F84.0 1F11.8
デニムアンドルビー CW 6F80.9 1F12。4
アクションスター 栗坂 4F53.0 1F13.3
スワーヴリチャード CW 6F84.3 1F12.7

一週前追い切りが
見たい方は下の
リンクからどうぞ

→金鯱賞2018一週前追い切り