【東京競馬特徴】芝1600mの傾向

スピード、スタミナ、パワーを強いられる東京1600m。

逃げ馬を消すのがセオリーであり
好位で差せる馬を選ぶのがベターである(個人的に)

重賞でも安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイル
などがここ1600mで争われる舞台

特徴や傾向など押さえておこう

【東京芝1600mの特徴】

向こう正面の奥からスタートし3コーナーまで
約500mぐらい長い直線を走る。

ポジション争いは緩めになる傾向があり
枠の有利、不利はない。

コーナ手前できつい坂を登り
再度下る形状なのでスタミナを削られる場面も

3コーナを曲がると長い直線(520m)になるが
そこでも坂を登るのでパワーがなければ
バテル馬も出てくる厳しいコースだ

【1600m傾向】

「脚質タイプ別」

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率
逃げ 43 34 36 272 11.2
先行 134 117 127 1019 9.6
差し 162 176 135 1785 7.2
追込 47 60 90 1558 2.7

サンプルは少ないものの
逃げ馬の勝率が高いww

逆に追込馬は厳しい結果に
なりました

「血統」

種牡馬 1位 2位 3位 4着以下 勝率
ディープインパクト 66 56 39 303 14.2
ダイワメジャー 32 18 28 207 11.2
ハーツクライ 26 16 166 12.0
キングカメハメハ 18 23 14 195 7.2
ステイゴールド 18 11 23 131 9.8

安定感があるディープインパクト産駒が1位!!
単勝、複勝の回収率が1番良かったのが
ステイゴールド産駒ね。

あまり教えたくなかったが
クロフネメイショウサムソン
結構くるよww体感的にね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする